SNSとスマホ
  • ホーム
  • あら大変、インスタグラムで速度制限

あら大変、インスタグラムで速度制限

インスタグラムは、写真と動画の投稿がメインのSNSです。
そのため文字がメインの通信に比べると、データ使用量が格段に大きくなります。
夢中になって写真や動画を見すぎたり、投稿を繰り返すと、月の終わり頃には、データ使用量が制限枠を超過して、速度制限がかかってしまう、なんてこともありえます。

スマートフォンの契約が1ヶ月5GBのデータ通信量プランだった場合、動画1分で4MB程度使用するものとすれば、1日あたり40分動画を見ると、31日で5GBを超過する計算になります。
当然、インスタグラム以外の使用もあるので、実際にはもっと少ない使用量で、速度制限になってしまうでしょう。

インスタグラムで、データ使用量を軽減し、速度制限を回避するには、いくつかの方法があります。
まず、設定で、動画の自動読み込みを停止すること。
インスタグラムのプロフィールページから、右上の歯車マークか「設定」を押して、「使用量の軽減」をオンにします。
これでWi-Fi以外の通信環境で動画の自動読み込み・自動再生を止めることができ、携帯ネットワークデータの消費を節約することができます。

なるべくWi-Fi環境で使うようにすれば、携帯ネットワークデータを使用しなくて済み、通信料を気にせずにインスタグラムを楽しむことができます。
PCや固定電話がなくても、モバイルルータを契約し、ポケットに入るWi-Fi端末を使って外出先でもWi-Fi環境を利用することも可能です。

上の二つの方法に比べれば効果は小さいものの、プッシュ通知をオフにすれば、いくらか通信量を軽減できます。
設定方法は、インスタグラムのプロフィールページで、右上の歯車マークか「設定」を押して、「プッシュ通知」をオフにします。
スマートフォンの設定からも、アプリの通知を停止する設定があるので、そちらからも通知を止めることができます。

また、格安SIMの中には、インスタグラムやTwitter・Facebook・ポケモンGOなどの一部のSNSやゲームアプリに関しては、データ通信量がカウントされないようになっているものがあります。
そうしたSIMを利用すれば、写真や動画をどんなに見すぎても、速度制限のことを気にせず、楽しむことができます。
以上をまとめると、インスタグラムの速度制限を回避するには、「動画の自動再生の停止」「Wi-Fi環境での使用」「プッシュ通知の停止」「SNSのデータ使用制限なしの格安SIMを使う」といった方法があります。

関連記事